【レビュー】100均セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」でキッチンの壁をDIY!

【レビュー】100均セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」でキッチンの壁をDIY! インテリア・雑貨・DIY

こんにちは、kjです!

今回は、不器用ながらもDIY大好きな僕が、セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」柄を使って、キッチンの壁をDIYしてみたのでレビューします!
先に言ってしまうと、ものすごく大変な作業でした。

 

はじめに

僕は今人気のUR賃貸に住んでいます。
UR賃貸といえば、年季の入った古い家を安く借りることができるみたいなイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実際はリフォームされている場合が多く、綺麗なうえシンプルな作りなのでインテリアの配置やDIYもしやすくとても気に入っています。

ただ、所々古い部分が残っていたりするんですね。これがインテリアの邪魔になったりするんです。

【レビュー】100均セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」でキッチンの壁をDIY!

今回はこのキッチンの壁を変えたいと思います。
ブロック状のタイルが貼られており、ピンクや水色の差し色が入った全体的にちょっと黄ばんだ感じの色味のデザイン。このデザインが好きという方もいるかとは思いますが僕の好みではないので、リメイクシートを使って思い切って変えたいと思います!

 

セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」

セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」

今回使用するアイテムは、100均セリア「ホワイトレンガ」という柄のリメイクシートを使用します。

理由としては、なるべく費用をおさえたかった事と、僕は超絶不器用なので失敗する可能性が十分にあり、100均ならやり直しが何度でもできそう(費用的に)なので、失敗した時のショックを少なくする為。(笑)

セリアのリメイクシートはどの柄も共通だと思いますが、1枚のサイズは、45cm × 90cmです。貼りたい壁のサイズを測って何枚必要か事前に調べておく必要があります。

セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」

僕の家のキッチンの壁は全部で7枚でいけました。総額770円(税込)!
セリアのリメイクシートはハサミやカッターでカットしやすいので、うまく使えば無駄なくコストを抑えられます。これだけ安くできてしまうのは100均の良い所ですね。

 

それでは、こちらが貼り終わったキッチンの壁です。ビフォー・アフターでどうぞ

セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」
セリアのリメイクシート「ホワイトレンガ」

どうでしょうか!?なかなか良い感じにできたのではないかと思います。

しかし、思っていたよりかなり大変な作業でした。。。
子供が夜寝てからしか作業できないので、スタートしたのが夜の10時。奥さんと二人で協力しながらやって終わったのが深夜12時30分。2時間30分もかかってしまいました!(笑)

必死すぎて、作業途中の写真とるの忘れてしまいました。

不器用な僕ではなかなかうまく貼れず、途中から手先の器用な奥さんの補助にまわりました(笑)

もう一回同じ作業をやってと言われたら、簡単には首を縦には振れませんが、770円で出来たので大満足です!

 

セリアのリメイクシートを使う上での大事なポイント!

僕と同じようにセリアのリメイクシートを使ってDIYしようとしている方に作業するうえでの大事なポイントをお伝えします!

同じ柄のシートを買っても、物によって印刷の位置が微妙に違う

壁など広範囲に貼りたい場合は、1枚では足りず何枚か同じ柄のものを購入して貼りますよね。
そこで、気をつけていただきたいポイントは、同じ柄を買っても物によってデザインの印刷の位置が微妙に違うという事です。

僕の場合が「ホワイトレンガ」というシンプルな柄を使用しましたが、重ねてみたら何枚か全然合わない感じでした。細かいズレを気にしたら購入したもの全て一致するものはありませんでした。

なので、実際に貼りだす前に購入した全てのシートを重ねて確認し、どのシートとどのシートの印刷位置が近いかなど整理しておく事をお勧めします!
面倒臭いですが、作業を始めてから途中でうまくつなぎ目が合わないといった事が起きるよりは良いかと思います。

 

シートが薄く下の柄が透けてしまう

これはシートを貼り出した途中で気付いたのですが、リメイクシート自体がけっこう薄いので壁に柄などが入っている場合、若干ですが下の柄が透けて見えてしまいます

僕の場合は、壁が元々ブロック状のタイルが貼ってあり、その線の部分が若干透けて見えてしまってます。遠くからやパッと見ただけでは気づかないのですが、よく見ると線が透けているので正直気になります。

壁に柄が入ってて透けるのは絶対嫌だという方は、元の壁に1枚何かかますなどの工夫が必要かもしれません。

 

シート内に入る空気に注意

詳しい方はよくご存知かと思いますが、空気が入らないようにシートを貼るのが大事です。空気が入ってしまうと見栄えが悪くなります。
僕がシートを貼るのに時間がかかってしまった大きな理由はこれですね。空気が入ってしまい、何度も貼り直すという作業をしてしまったので時間をとられました。

シートを貼る際は、硬めのダンボールとか紙などを使って空気を外に押し出すようにゆっくり貼っていくのが良いと思います。難しくてうまくいかない箇所は、シートを何枚かにカットしてしまってから貼ると空気が入りにくいかもです。

 

妥協する

妥協する事。これが最も大切です。(笑)
どんなに完璧にやろうとしてもズレたり空気が入ったりと気になる箇所が出てくると思います。完璧を求めすぎると疲弊してしまいますし、一生終わりません。

まぁ、いっか。100均アイテムでここまで出来たら上出来!」と前向きに妥協する事を大切にしましょう!

 

最後に

セリアのリメイクシートを使ってキッチンの壁の貼り替え作業は正直かなり大変でした。(笑)
でも実際770円で出来てしまったので、費用を抑えたい方にはおすすめです!

高いクオリティを求める方は、サブウェイタイルを使った方がクオリティも高く簡単にできるかもですね!

コメント